失敗しない霊園探しのコツ
2016.12.20

subimg01お墓を建てることになったらまず霊園探しを行います。お墓の建立は費用の面も決して安価で済むことはないので、充分すぎるくらいに検討することが大切です。そして、費用だけではなく、お墓となる場所のことも充分に検討する必要があるでしょう。お墓を建立すれば、その後はお墓参りに行くことになります。お彼岸やお盆、故人の命日など1年に何回も出かけることになるので、一般的には場所としては自宅からは遠くないところがより望ましいとされています。

近頃お墓の引越しを検討する人が増えています。それは今あるお墓が自宅から遠いため、お墓参りに行くことが難しいという理由が大半です。以前は何でもないことだったのに、高齢になって足腰の不調を感じるようになった人にとっては、段差がある場所なども足が遠のく原因となっているようです。遠くてなかなか行くことができない場所だと、せっかく購入したにもかかわらず、それは失敗だったということになってしまうでしょう。そうならないための失敗しない霊園の探し方のポイントは、購入後も足繁く通うことができる場所にあるかどうかということです。もちろん費用の面の考慮も忘れてはなりません。しかし、お墓参りは継続して行うことなので、それが不可能になる事態だけは避けなくてはなりません。

自宅から霊園までの所要時間だけではなく、最寄りの駅からの距離や交通アクセスなども重要です。所要時間は短くても、バスなどの交通機関がなくタクシーのみしか使えないとなれば、その後の費用の面でまた負担が大きくなるかもしれません。また、立地の環境としては浸水やがけ崩れなどの災害の心配がない場所などの確認も必要になります。まずはそれらの点をおさえたうえで、園内の様子もきちんと確認することが求められます。清掃が行き届き、きれいな園内であるか、日当たりや風通しは良いか、管理事務所やトイレ、休憩所などの場所は行きやすいところにあるかなどの確認もしたほうが良いでしょう。最近はインターネットであちこちの墓地の情報を手に入れることができます。また近くであれば新聞やチラシなどを利用するのも良いかもしれません。加えて石材店なども参考にできる独自の情報を持っている場合があります。公営の墓地で募集があれば県や市の広報にも掲載があります。実際に現地に行く前にも情報収集はできるので、できる限りたくさんの情報を得ることも失敗しないで済む結果となるでしょう。

▲ ページトップへ